WinActor よくあるご質問

FAQ詳細

  • 質問

    Java関連ライブラリを利用する際に、WindowsのJava Access Bridgeを有効にするとご利用システムの動作に不具合が生じる場合があります。

  • 回答
    Java関連ライブラリを含むシナリオをご利用いただく際に、WindowsのJava Access Bridge を有効化(『WinActor_Javaアプリケーション操作シナリオ作成マニュアル』の「1.1.1Java Access Bridge の有効化」P.1~2参照) する必要があります。
    一部のアプリケーションでJava Access Bridgeを有効にすると正常に動作しないことが報告されています。
    Java関連ライブラリをご利用頂く前に、操作対象のJavaアプリケーションがJava AccessBridgeを有効にしても良いことを、開発元、もしくは、販売元等にご確認ください。

     

    以降の手順で、WindowsのJava Access Bridgeを無効にすることができますので、ご利用状況に合わせてご対応ください。

     

    既にご利用システムの動作に不具合が生じている場合(WinActorのJava関連ライブラリを利用するために、WindowsのJava Access Bridgeの設定を有効にしている場合)C:\Users\【ユーザ名】\.accessibility.propertiesのプロパティから 作成日時をご確認いただき、WindowsのJava Access Bridgeを有効した日時と同じであることを確認してください。


    同じ場合は、下記の「WindowsのJava Access Bridgeを無効化する手順」を実施してください。

     

    ・WindowsのJava Access Bridgeを無効化する手順

     

    1. WindowsのJava Access Bridgeの無効化
     {コントロールパネル}⇒{コンピューターの簡単操作}⇒{コンピューターの簡単操作センター}⇒{コンピューターを画面なしで使用します}の順にクリックします。
     画面下部に表示される{Java Access Bridgeを有効にする}のチェックを外して{適用}をクリックします。

    2. .accessibility.propertiesのリネーム
     C:\Users\【ユーザ名】\.accessibility.properties をリネームします。
     例:.accessibility.properties.bak

    3. Windowsのログオフ

    4. Windowsのログイン

    5. ご利用システムの動作を確認

    • 製品バージョン:WinActor v5.2.0, v5.2.1
    • 属性名:技術的な質問 ライブラリ 機能・制約 その他 既知の問題
    • FAQ番号:JPN00299
    • URL:
    • 更新日:2018/12/18
  • この質問は役に立ちましたか?

Powered by MatchWeb